ああ、ニルヴァーナ

ついつい微笑んでしまうのです。この胸に、自分の中に、神がいるのですから。

全てが「私」

 

 

 

 

この身体も、
あの人も、
この人も、
この茶碗も、
この箸も、
このテーブルも、
座布団も、
この壁も、
このドアも、
窓から見えるあの空も、
あの雲も、
あの太陽も・・・
全てが、「私」。


何一つ隔てるものなど無く、
こんなにも全てが「私」。


こんなにも「私」。


全てが「私」。


どこまでも「私」・・・

ん〜、この感覚をどう表現したらいいのやら〜。


自我の自分は、
何一つ持っていない、と思って、
必要だと思われる知識や経験を得ようと、
足りないものを埋めるため、
様々な努力をし、労力を使い、
「得ること」に邁進し続けるけれど、
あはは!
そんなの笑い話。

だって、あれもこれも「私」。

太陽でさえ「私」の一部だし。

何一つ持っていないものなどない。
全て持っている。

のに、自我は何も持っていないように思う。目つぶって生きてるみたいな?


どこまでもが「私」。

全てが「私」。

ああ、「私」。。。。